「あなたの子供は、順調に身長が伸びていますか?」

 

子供を持つ親なら、だれでも子供の成長を見ていると楽しく感じます。

子供の成長をシッカリとサポートしていきたいなと思うものです。

 

私も、2人の子供がいます。

 

二人とも元気に毎日過ごしているんですが、ちょっと気になる点があるんですね。

 

 

「子供の身長が思ったよりも伸びていないこと」

 

私自信は、小学生くらいのときは、身長が伸びが小さいことについて、ほとんど気にしてきませんでした。

中学生になると、周りがぐんぐん背を伸ばしていき、私との身長の差が大きくなっていきました。

そして、高校生になり、思ったほど伸びない身長だったので、あと10センチくらい伸ばしたいと、何度も思ったりしました。

その時には、ほぼ身長が止まっていたんです。

身長がこれ以上は伸びなくなってしまったことに大変悔しく思っていました。

 

そんなこともあったため

 

「子供は十分に身長を伸ばせるようにサポートしたい!」

 

という気持ちはずっと強くなっていましたね。

 

なので、子供の身長を伸ばす方法について、いろんな角度から徹底的に調べました。

「私自信」が納得できる方法を、少しずつ子供と試行錯誤しながら実践していっています。

(一緒に遊んでいるだけと言えば、そうなのかもしれませんけどね。ガチです。。。)

 

下の子供は、小学校の低学年、上の子は小学校の高学年、どちらも身長は思ったよりも伸びていません。

子供には、私たちの身長は超えてもらいたいと思っています。

 

子供の身長を伸ばすために最初に実践したことは、

 

「好き嫌いをなくすこと」

「夜早く寝ること」

「家の中でばかり遊ばないで、外でシッカリ遊ぶこと」

 

ですね。

休みの時は、外で一緒に遊ぶように心がけています。

早く寝かしつけるようにしてます。

ですが、好き嫌いは難しいです。

 

当たり前のことですね。

 

当たり前のことでも、子供は、いうことを聞いてくれないので、すごく大変。

 

実は、食事の好き嫌いについては、もうあきらめちゃいました。。。

だって、徹底的に食べるのを嫌がっちゃうから。

仕方がないので、子供に食事を全部食べさせるのではなく、栄養補助食品を取らせることにしたのです。

 

たくさんある身長サプリ、評判のいいは調べてみても良いと感じます。

そのため、我が子のために本当に良いものを選ぶのはとっても骨の折れることでした。

あれもいいかも、これもいいかもとみていくと、どれが自分の子供たちのためにいいのか迷って決められなくなります。

 

しかし、子供の身長を伸ばすための正しい情報を正しく取り入れると、納得のいくものにたどりつきます。

 

子供の身長と遺伝の関係!

 

子供の身長を伸ばすうえで一番最初に考えておかなければいけないことが、子供の身長への遺伝の影響です。

 

最新の研究によると、遺伝と身長はあまり関係がないことが分かってきています。

遺伝が身長に関係する割合は、およそ25%程度です。

75%は、遺伝以外の要因から決まってくるものです。それは、生まれてから子供が経験する環境によるもの。

それは、日本人の平均身長の推移を確認すると理解できると思います。

 

身長データによると、戦後から子供の平均身長は伸びてきています。

戦後の子供の平均身長と、現代の子供の平均身長を比較すると、現代の子供の平均身長は、戦後の子供よりも10センチ以上も高くなっています。

同じ遺伝子を持つ日本人で、世代間で10センチの身長差が出てくるのです。

 

想像してみてください。

戦後から食べるものが変わり、生活習慣が変わっています。

子供の睡眠時間は少なくなり、子供が外で遊ぶ時間は少なくなっています。

これらの要因の中に、子供の身長に与える要因として大きなものが含まれてるのです。

 

成長期の子供の身長を伸ばす方法!

子供の身長を伸ばすための方法は、「骨が成長できる成長期」と、「骨の成長ができない時期」で異なります。

 

骨が成長できない(骨端線が閉じた)

普通は、男子は、17歳から18歳で成長期が終わり、女子は、15歳から16歳で成長期が終わります。

これは、骨が細胞分裂する軟骨部分「骨端線」(骨端線:レントゲンで骨の端に薄く線が見える柔らかい軟骨部分。骨と軟骨の密度の違いから軟骨が薄く見えて線のように映る)が大人の骨に変わるとなくなってしまうためです。

 

大人の骨は、骨の成長が見込めません。

そのため、骨端線が閉じた子供の身長を伸ばすには、体の歪を治すことが重要です。

 

猫背の場合には、その悪い姿勢の改善をすること、O脚、X脚なども歪んでいるのを治すことで、身長を伸ばすことができます。

ストレッチで体をほぐしたるすると効果的です。

骨自体が伸びないので身長を大幅に伸ばすことは望めませんが、歪が治る分だけ身長が伸びます。

 

骨端線の存在を確認するためには、医療機関でレントゲンを撮影する必要があります。

骨端線の有無を調べるなら、医療機関でお医者さんに相談するようにしてください。

 

骨端線がある(閉じていない)

 

 

中学生以下の子供には、骨端線が必ずあります。

骨が成長することができるので、ぐんぐん骨が成長し身長を伸ばしていくことができます。

 

小学生・中学生の子供の身長を伸ばすために大切なことは、「成長ホルモンの分泌を促すこと」(「成長ホルモン治療」)「骨端線部部分に刺激を与えること」「思春期の時期を遅らせること」です。

 

成長ホルモンの分泌を促すこと

成長ホルモンの分泌を促すための方法は、「正しい栄養素を摂取すること」、「適切な運動を行うこと」、、「質の高い睡眠時間を確保すること」です。

 

成長ホルモンの分泌を促すのに役立つ栄養素は、アミノ酸の一種のアルギニンとα-GPCです。

 

実は、アルギニンもα-GPCも口径摂取で成長ホルモンの分泌が促されるかは分かっていません。静脈投与で成長ホルモンの分泌量が増えていることが確認されているだけです。

 

アルギニンを多く含む食べ物は、肉類、魚類、乳製品、豆類などです。アルギニンは、アミノ酸の一種であるためたんぱく質を含む食品に多く含まれます。

毎日の食事で上記の食べ物をあまり食べないようなら、アルギニンも不足します。適切な栄養素の摂取のため、しっかり食べるようにする必要があります。。

 

また、成長ホルモンは、運動によっても分泌します。成長ホルモンの分泌を促す正しい運動とは、「有酸素運動」です。

十分な有酸素運動を行うと、全身の代謝を上がり、成長ホルモンの分泌が促されます。

 

さらに、質の良い睡眠が、成長ホルモンの分泌を促します。

寝てから2から3時間後の、夜の10時から翌2時にかけては、成長ホルモンの分泌がされやすい時間帯。

質の良い睡眠を得られることで、効率よく成長ホルモンが分泌します。

そのため、小学生なら8時くらいには、寝かせつけるようにしましょう。

 

成長ホルモンの分泌には、「アルギニン」「運動」「睡眠」が大きな役割を果たします。

子供の身長を伸ばすカギとなる成長ホルモンの分泌を促すため、この3点を注意しておきましょう。

 

(成長ホルモン治療)

成長ホルモンが正常に分泌されない子供もいます。低身長症です。

成長ホルモンの分泌が少ないために身長が伸びない子供には、成長ホルモン投与の治療を行う必要があります。

世界的なサッカー選手の「メッシ」は、子供の時に低身長症のため、成長ホルモンの投与を行い身長を伸ばしたと言います。

 

成長ホルモン治療が必要な基準となる指標は、学年の子供の平均身長の標準偏差の2倍を引いた値より、低い身長の時、かつ、アルギニン静脈投与で成長ホルモンの分泌量を確認したのち、医師が判断します。

 

医師の診断に基づいた成長ホルモン投与も、身長を伸ばす一つの手段となります。

 

骨端線に刺激を与える

子供の身長を伸ばすには、骨が伸びなくてはいけません。骨が細胞分裂をするには、骨に程よい刺激を与えることがおすすめ。

小学生くらいの子供なら、外で元気いっぱいに遊ぶことが最もおすすめな方法です。

スポーツなら、バスケットボールやバレーボール。

縄跳びもジャンプ運動で骨に良い刺激を与えることができるので、効果的です。

 

思春期の到来を遅らせること

思春期が到来すると、子供の骨から大人の骨に変わってしまうため、身長を伸ばすなら、思春期をできるだけ遅くすることが有利に働きます。

思春期の到来を遅らせるための方法は、「小さなころから質の高い睡眠を確保すること」「太らないこと」です。

 

質の高い睡眠は、睡眠ホルモンのメラトニンを分泌させます。メラトニンには、性ホルモンの働きを抑える効果があるため、小さなころから質の高い睡眠を得ていると思春期の到来が遅くなってくれるのです。

 

肥満は、性ホルモンの働きを助長させる効果があります。そのため、太ってしまうと性成熟が早くなり、骨端線が早く閉じてしまい身長の伸びがストップしてしまうのです。

小さな子供に食事制限はあまりお勧めできません。そのため、子供が太っているなら、ウォーキング、ジョギング、水泳などを行いカロリー消費量を上げて、ダイエットするようにしてください。

 

肥満を解消させ、運動をシッカリ行うようになれば、程よく疲れ質の高い睡眠が得られるようになり、身長を伸ばす効果が高まります。

 

 

身長を伸ばすのに本当に重要な要素は?

 

 

普段の生活の中で、子供の身長を伸ばすのに本当に重要な要素になるのは、栄養素です。

しかし、食事だけで必要な栄養素を毎日摂取し続けるのはとても難しいこと。

 

外食だと、栄養素の偏りが生じます。

 

食事を作っても、身長を伸ばすため、学力をアップさせるため、栄養バランスを考えて作ったとしても子供が食べられる量は限られています。

小学生の子供なら、あまり食べられません。

 

また、子供は好き嫌いがあります。

食べたいものしか食べません。

 

そのため、子供が十分な栄養素をバランスよく摂取できていないことが多いです。

 

そして、子供が身長を伸ばすのに十分な栄養素を取り入れるために作られた健康補助食品が、身長サプリです。

 

身長サプリは、身長を伸ばすのに必須の栄養素が十分に含まれます。

 

子供の目的に応じておすすめなサプリは変わると思いますが、あなたが子供に必要な栄養素をしっかり選んであげて、子供に合った身長サプリを選んであげるようにしてください。

 

子供の身長を伸ばすサプリランキングを徹底紹介!

第1位 ドクターセノビル

 

 

ドクターセノビルの特徴は、なんとアルギニンを1袋当たり2500mgも含んでいるのです。。

科学的な統計調査の結果分かった小学生の身長の伸びを最大化するアルギニンの摂取量は、2.5gから3.2gの間。

ドクターセノビルを1袋飲めば、バッチリアルギニンを確保できます。この量が確保できる身長サプリは他にはありません。

一日当たり2袋を想定しているので、小学生は1袋で充分。兄弟がいるとお得に効果的に飲むことができます、

中学生・高校生なら2袋ずつ飲んでおきたいですね。

シッカリアルギニンを摂取することができます。

 

ドクターセノビルの問題点は、水に溶かして飲むタイプなので、小学生でも飲みやすくするため砂糖が入っていることです。

また、値段が通常価格で19600円。定期コースでも半額の9800円なので値段がやや高めな点です。

安いものではないので、シッカリ納得したうえで購入するようにしてください。

 


ドクターセノビル 公式サイトはこちら

 

 

第2位 フィジカルB

 

 

フィジカルBは、小学生低学年から飲むことができる身長サプリです。

野菜の栄養素がたっぷり入っているので野菜嫌いな子供にもおすすめ。

他にも、子供の成長に欠かせない栄養素が、バランスよく入っています。

 

価格も、定期コースなら、ドクターセノビル、カラダアルファ(α)より安い4980円です。

定期コースは、50%オフで購入できるのに加えて、いつでも解約ができるので、購入しやすくなっています。

 


フィジカルB 公式サイトはこちら

 

第3位 カラダアルファ(α)

 

 

カラダアルファ(α)は、タブレットタイプの身長サプリで、砂糖が全く入っていないおいしくないサプリです。

しかし、栄養価が高く入っている栄養成分の比を見ると、どの身長サプリよりも栄養素の配合量が多く子供向け身長サプリでは最も栄養価が高いです。

 

なので、体を気にして甘いものをあまり食べたくない中学生以上の女子におすすめです。

逆に、小学生低学年の男の子には、やめときましょう。甘くないので、食べることができません。

 

価格は、1か月6000円。公式サイトで購入すると、次回購入時に使える5%の還元ポイントが付きます。

また、3袋6袋とまとめて購入すると、お得な割引価格で購入することができます。

 


カラダアルファ(α)公式サイトはこちら

 

 

第〇位 アスミール

 

 

アスミールは、牛乳に溶かして飲むタイプのココア味の身長サプリです。

栄養バランスが良く、いろんなところでお勧めされている身長サプリです。

 

定期コースで購入なら、初回2050円、2回目以降4102円で購入できるので、紹介している身長サプリの中で最も安い!

しかし、3回継続する必要があるので注意が必要です。

 

子供が飲みやすいココア味のアスミールです。お得に身長サプリを飲ませるなら、アスミールを選んでみても良いと思います。

 


アスミール 公式サイトはこちら
 

 

第〇位 MAX GPC α

 

 

MAX GPC αは、カプセルタイプの身長サプリです。

栄養素のバランスが良く、α-GPC、アルギニン、プロテタイトを中心にシッカリ栄養素を含みます。

 

カプセルタイプですが必要な栄養素がしっかり入っている身長サプリなので、中学生以上なら、選択肢に入ってきます。

さすがに小さな子供に。カプセルを飲ませるのはちょっと抵抗があるし、飲んでくれないと思います。

たとえ栄養が入っているとしても、子供が飲んでくれなければ、効果は出ませんから。

 


MAX GPC α 公式サイトはこちら

 

身長サプリはどれがいい?

 

たくさんの身長サプリを見てきましたが、身長の伸びを最大化する可能性が高いのは、ドクターセノビルです。

その理由は、1袋当たり2500mgのアルギニンが含まれているためです。

医学的には、口から取り入れたアルギニンは、身長を伸ばす根拠がないなどと言われますが、科学的な統計調査による統計分析結果によると、アルギニンが身長の伸びを大きくする要因で最も強いことが判明しています。

次に大きな影響を及ぼすのがタンパク質です。

この結果から考えると、アルギニンを毎日十分な量を摂取できるドクターセノビルが身長を伸ばす効果があると判断できる身長サプリになります。

小学生のころからシッカリと栄養素を摂取させて、身長を伸ばそうと考えるなら、アルギニンやタンパク質を中心にしっかり食べさせるようにしてください。

ドクターセノビルは、アルギニンを1袋2500mg摂取できるので、身長の伸びに大きく影響を与える可能性が高いです。

 

タンパク質については、食品から摂取してください。タンパク質が多く含まれるのは、肉類、魚類、乳製品、豆類です。6歳から13歳で、1日当たりタンパク質を65gから79gで身長の伸びが最大値になるという結果があります。

アルギニンよりは影響の強さを示すP値が小さく有意差が大きくありませんが、シッカリ摂取しておきたい栄養素です。

 


ドクターセノビル 公式サイトはこちら

 

子供の身長に関するよくある疑問!

効率よく身長を伸ばすには?
効率よく身長を伸ばすためには、いつも十分な栄養素を摂取しておく必要があります。

特に、骨を作る栄養素であるカルシウムやマグネシウム、タンパク質の摂取は必須のものです。また、成長ホルモンの分泌に関する栄養素のアルギニン、亜鉛。

さらに、それらの消化吸収を助けるものを含めると、バランスの良い栄養素が望まれるのです。

いつも充分な栄養素を摂取しておくことで、寝ている間に身長を伸ばす効果が高まります。

身長は子供の成長期に合わせてぐんぐん伸びるものなので、いつ伸びるのかは個人差がありますが、いつでも伸びてよいように準備しておく必要があります。

 

身長サプリは必要なの?
身長サプリよりも食べ物から摂取したほうが、子供の健康のため、身長を伸ばすためにもいいのではないかと考える人もいます。

しかし、子供の成長に必要な成分をすべて食べ物から摂取するのはとても難しいことなのです。

子供は身長を伸ばせはいいというものではありません。勉強を頑張って学力を伸ばす必要もあります。また、体を作るためプロテインを飲む子供もいます。

子供が取り組んでいることに応じて食事で十分な栄養素を取らせるのは、現実的ではありません。

栄養補助食品として身長サプリは、子供の成長に必要な栄養素が十分に入っています。

身長を伸ばす栄養素もたっぷり。

なので、効率よく栄養素を摂取するなら身長サプリを利用するのがお勧めなのです。

ママも、妊娠中、授乳中は葉酸サプリを赤ちゃんのために飲んでいたことと思います。

医学的には、葉酸サプリは、妊娠初期の成長異常を防ぐために必要なものであり、妊娠前から妊娠3か月までの女性には必須のサプリです。

しかし、それ以降の女性や授乳中には、医学的には必須のものではありません。

医学的には必要なくても、多くのママは、ずっと飲み続けて、赤ちゃんが健やかに成長してきたと思います。

つまり、身長サプリも、医学的には問題がないけど、健やかに成長するためおすすめなものなのです。

どんな運動が身長を伸ばすの?
運動は、身長を伸ばすのに重要な役割を果たすものです。

子供の身長を伸ばすには、全身の代謝を上げる運動や骨に刺激を与える運動が良いとされます。

全身の代謝を上げる運動は、有酸素う運動、ジョギング、水泳など。骨に刺激を与えるには、ジャンプ運動など、バスケットボール、バレーボールが良いとされます。縄跳びも良いですね。

全身の代謝を上げて、骨への刺激が加えられると、細胞分裂を促し、成長ホルモンの分泌量が増えるとともに身長を伸ばす効果が高まります。

逆に、身長を伸ばすのに適さない運動は、体操やマラソンなどの過度に行う運動や、嫌々行う運動です。

子供がやりたくない運動や疲れすぎてしまう運動は、成長を妨げるのでやめましょう。

 

どんな睡眠が身長を伸ばすの?
寝ている間に子供の身長は伸びます。寝ているときに、成長ホルモンが分泌するのです。

睡眠後3時間くらいから成長ホルモンの分泌が盛んになり、質の高い睡眠を得られることで身長を伸ばす効果が高まります。

質の高い睡眠には、小学生なら10時間以上が必要です。中学生以上でも8時間から9時間は必要です。

早く寝ることを心がけて、十分な睡眠時間を確保しないと身長は伸びません。

 

また、質の高い睡眠は、メラトニンの分泌を促します。メラトニンは、性ホルモンの働きを抑える働きがあります。

そのため、小さなころから、質の高い睡眠が得られていると思春期が訪れるのが遅くなります。

その結果、子供の体から大人の体への変化する時期を遅らせることができ、身長を伸ばす期間が伸びることに繋がります。

小さなころからの質の高い睡眠は、成長ホルモンの分泌を促して身長を伸ばすだけでなく、思春期の到来を遅らせて成長期の期間を伸ばし身長が伸びる期間を延ばすために重要な役割を果たしているのです。

 

いつまで身長は伸びるの?
一般的には、男子は15歳くらいに身長の伸びのピークになり17歳から18歳で身長の伸びが止まるといわれます。

女子は、生理が始まる直前の12歳前後が身長の伸びのピークになります。そして、15歳から16歳くらいで身長の伸びが完全に止まります。

男児も女子も身長の伸びのピークは、思春期が始まってから来ます。その後、子供の体から大人の体に変わり、骨端線が閉じてしまうと、身長が止まってしまうのです。

中には、思春期の到来が遅い人や、思春期が来ても、骨端線が閉じていない人がいます。その人は、成長期がずっと続き、20歳くらいまで身長がずっと伸び続けている人もいます。

しかし、多くの人はそうではありません。

高校生になり身長の伸びしろを確認したいときには、骨端線を確認してください。

そして、身長を伸ばすため、アルギニン、タンパク質を多く含む食品や身長サプリを飲んで、シッカリ身長の伸びをサポートできるようにしてくださいね。

 

さいごに

子供の身長を伸ばすためには、「よく食べ」、「よく遊び」、「良く寝る」ことが大切です。

 

我が家の子供の生活習慣を考えてみると、良く食べるけど栄養素が偏っていると思うことが多いです。よく遊んでいるけど、縦への運動が足りないので縄跳びをやるように言っています。

夜も遅くまで起きていることが多々あり(→寝てくれない!!!)、課題が多いことも分かってきました。

 

子供の身長を伸ばすための方法を、一通り理解することで何を実践すれば良いか判断ができるようになってきます。

 

子供と一緒に遊んだり(ジョギングしたり、筋トレしたり)して運動すると、楽しんで一緒にやってくれるのでお勧めです。

筋肉痛にならない程度に、あなたも鍛えるようにしてみてくださいね!